不幸でなければ幸せ(2021.6.2)

 皆さまいかがお過ごしでしょうか。さかえ歯科

医院 院長 榮  です。

少しずつ日も長くなり、明るさ暖かさを感じる

時間も増えてきており、あの暑い夏の足音が聞

こえて参りました。

 

 季節の変わり目となりますと、寒暖差や気圧

の変化で体調を崩される方やお口の中にもトラ

ブルが出て来院される方も多いと感じます。

 

 新型コロナウイルスにより、体調管理をしっ

かりされている方も多いようで、例年よりは体

調崩される方も少ないのかも知れませんが、コ

ロナの自粛疲れによるストレスで体調や精神的

に不調を訴える方もいらっしゃいます。

 

 この出口の見えないトンネルはいつになった

ら光りが見えて来るのでしょうか。

 

 間もなく集団接種が開始される中で、夢と希

望を持って生きていくことはできるのでしょう

か。

 

 そんな大それた事でなくても良いです。親戚

同士で集まったり、気の合う仲間たちと食事を

したり、休日にレジャーや旅行を楽しんだり

と、今まで当たり前であった日常を取り戻せる

だけで、まずは満足なのではないでしょうか。

 

 しかし、生活スタイルが変わった事で私自身

今までやりもしなかった事もやり出したという

側面もございます。論文読み漁りから始まり、

糠漬け、梅酒作り、家庭菜園、天体観測、ウク

レレ(楽器苦手)、フラワーアレンジメント

(独学)、SNS(もともとやらないタイプで

した)、YouTube(もともと見ないタイプで

した)、外の景色をしばらく眺める(もともと

同じ景色をじっと見たりしないタイプでし

た)、小鳥の囀りを聴いてまるで何かを歌って

いるようだ一体何の歌かな?と想像する(ここ

ら辺になると少しばかり思考回路に異変が起こ

っている可能性あり)など、趣味(?)の幅が

広がったような気もします。

 

 もちろん新型コロナウイルスがもたらしたも

のは百害あって一利なしではありますが、生活

スタイルが変わったことで新しい自分を見つけ

られた、平凡な日でも思い出となることは必ず

隠れていて自分が見過ごしているだけなのだ、

それが見つけられたことって成長したってこと

だよな〜と考えて日々を過ごすことにいたしま

す。

 

 コロナも私も変異をし続けているようです。

 

 皆さまもまだまだ過酷な環境ではございます

が、いつか終息の日が訪れることを信じて、

日々の感染対策を継続して行ってください。

 

 コロナ禍でお疲れのところ希薄な内容かつ長

文にお付き合いいただきありがとうございまし

た。