2019年 年初のご挨拶(2019.1.7)


みなさんいかがお過ごしでしょうか、院長の榮です。

新しい年が明けました。今年は平成最後の年となります。

昭和生まれの私としては新たな元号が始まることの期待感もあれば寂しさもあります。

皆さまにとって平成はいかがでしたでしょうか。

思い返すと私の人生のほとんどが平成でした。

この30年間は学習の年もあれば、成長の年もあり、また挑戦の年もあったかと思います。幼少期から始まり色々な思い出が凝縮されているのが平成だったかと思います。

30年とひとえに申しましても、これから未来へと続く30年と過ごしてきた30年とでは同じ30年でも感じるスピードがこうも違うのかと思ってしまいます。

早かった過去の30年が無駄にならないよう、1日を大切に過ごして行きたいと改めて感じました。

これからまた 新たな年号となりますが、皆さまにとって希望と栄光に満ち溢れた年となるよう祈念いたします。

年明けから内容の薄い話となりましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。